CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
クリックで寄付する
買い物で寄付する
買い物で寄付する
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 お金がなくて進学できないという若者を助けたい!
<< 奨学金を借りてはいけない | main | 市民団体との連携を目指して >>
助け合いの精神に感動
0
    JUGEMテーマ:ありがとう
    JUGEMテーマ:学費・奨学金

    支援額とリターンの種類。
    目標金額までの到達度。


    ご案内のように、新しい奨学金制度を構築するためのクラウドファンディングを実施中です!

    【クラウドファンディングREADYFOR】
    https://readyfor.jp/projects/scholarship

    支援額の種類は下記の通りです。
    • 1,000円
    • 3,000円
    • 10,000円
    • 30,000円
    • 100,000円
    • 1,000,000円
    賛同を呼び掛けることに必死で気付くのが遅れましたが、最高額を除く全ての支援額につきまして支援者が揃っておりました。

    さすがに百万円の支援者はすぐには現れないでしょうが、検討に検討を重ねて決定した支援額に支援者が揃った状況に、感慨深くなりました。

    目標金額までの到達度も20%になったようで、一歩ずつ進んでいることを実感するとともに、支援者の皆様に対する感謝の気持ちでいっぱいとなっております。


    「教育・研究」のカテゴリでトップに。
    見知らぬ方からのご支援。


    まだ、READYFORのサイト全体ではトップページに現れておりませんが、カテゴリ別のプロジェクト一覧ではトップに表示されるようになりました。

    その効果か分かりませんが、おそらくお会いしたことがないであろう方からのご支援も、少しずつ増えてまいりました。

    以前からお世話になっている方からの激励が嬉しいのは言うまでもありませんが、全く面識のない方から応援していただくと非常に心強い気持ちになります。

    何となくですが、ボクシングの試合をしていた頃を思い出してしまいます。

    試合中に疲労が溜まってくると、苦しさのあまり勝負を投げ出したい衝動に駆られることがあります。

    そんな時は、応援してくれている皆様のことが頭に浮かんで、限界を超えたかのごとく再び動くことができました。

    今回も、道程の厳しさに何度も心が折れそうになりましたが、支援してくださった皆様の気持ちに支えられて頑張ることができております。

    私は、ボクシングでは結果を残すことができませんでしたが、このプロジェクトでは意地でも結果を残すべく、努力を続けたいと思います。


    助け合いの精神。
    募金を集めるということ。


    私は先日、青年会議所の活動として、熊本支援に関する街頭募金に参加いたしました。

    通行人の皆様に対して声を出し、ご協力を呼び掛ける中で、自分の気持ちを分析してみようと試みました。

    募金をしてくださる方々は口々に「頑張ってください!」と言い、それに対して我々は「ありがとうございます!」と答える。

    その応援の言葉は我々に対して発せられるのか、それともその先にいる熊本の方々に向けて発せられるのか。

    我々からの応答は、我々に協力していただいたことに対してお礼しているのか、それとも熊本の方々の気持ちを代弁しているのか。

    おそらく、そこに明確な区別などないのでしょう。

    募金箱にお金を入れていただいた時に湧き上がる感謝の気持ちは、自分の呼び掛けに応じてくれたことに対する有り難さのようでもあり、同時に熊本を支援する善意に対する有り難さのようでもありました。

    それが相手を思い遣るということの本質であり、助け合いの精神と呼ばれるものなのではないでしょうか。

    支援してくださった皆様に敬意と感謝を表すとともに、精一杯戦い続けることをお誓い申し上げます。


    【ソーシャルプラットフォームchange.org】
    オンライン署名活動を実施中です!
    https://www.change.org/


    【クラウドファンディングREADYFOR】
    クラウドファンディングを実施中です!
    https://readyfor.jp/projects/scholarship


    日本の奨学金制度を改善するため、引き続きご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    | 感謝の言葉 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://xn--48sy16i.net/trackback/10